フィロソフィーダイアログ~自分のために生きよう~を開催するには理由があります。
それをご説明できればと思います。
自分の半生や学術文章も交えて書いているので、短編小説を読む気分で読んでみてくださいね。

〈フィロソフィーダイアログイメージ画像〉
Eventpage
◆ずっと両親の価値観に縛られていた過去◆
この写真は2年前の僕です。30歳のときですね。
埼玉の大宮で開催されている朝活「埼玉biz garden」で自分MAPを作成したときに撮りました。

〈埼玉biz gardenで作成した自分MAP写真〉

第92回埼玉biz_garden_渡辺代表引退記念_自分MAP写真_小山祐介
当時の僕は、書店でアルバイトをしながら小説家を目指していました。

話を少し遡りますね。

幼少期、父親の逆鱗に触れ、1時間正座させられて「くだらねぇ!情けねぇ!みっともねぇ!」と罵詈雑言を浴びせられ、1週間無視されたことがあります。その後、ある日父親に呼ばれ、告げられました。

「この1週間、俺はお前を自分の子どもではないと思って接してきた。お前は優しくて人をあたたかく見守るのが良いところなのに、なぜそれができない?これからはもっと自分の良いところを活かしていきなさい」

僕は子どもながらに思いました。あぁ、自分はそういう子どもにならなければいけないんだなぁ、と。

この経験は、僕にとって強いトラウマでした。

それから、人の顔色をうかがいながら生き続けました。
親の価値観に合わせるのが正しいのだと思い込み、言う通りにしました。

「人間関係なんて上っ面。その場限りのものだから」
 
母親の言葉も信じました。その都度【自分】を作りました。小学校も、中学校も、高校も、大学も、社会人になってからも。人間関係などその場で切れてしまうのだと、冷めていました。

社会人になり、超過労働とパワハラが何ヶ月も続きました。
 
「お前は小学生以下だな!使えねぇ!頭悪ぃ!もう来んな!いらねぇから」

休日出勤を隠すため、打刻するなという指示のメールも送られてきました。

何もかもわからなくなり、24歳のとき、鬱を発症しました。

心療内科に行き、処方された薬を服用して、鉄球が括りつけられているぐらい重たい足を引きずりながら、出勤を続けました。家族に心療内科に通っていることを打ち明けました。

「何かあったときは相談しろ」
父親からの言葉でした。

しかし、3日連続で会社を欠勤したある日、父親は「甘やかすとすぐこれだ!くだらねぇ!情けねぇ!みっともねぇ!」とまくしたて、僕に吐き捨てました。
 
「お前は何からでも逃げる人間なんだよ」

激しい憎悪と殺意を抱きました。何度も何度も包丁で刺し殺す光景が頭に浮かびました。
でも殺す勇気もなく、休職して、逃げるように一人暮らしを始めました。
 
薬を服用しては横になる毎日。先の見えない毎日。
睡眠導入剤を服用しても、寝られない毎日。

毎日。毎日。毎日。訪れる朝に怯える毎日。

お風呂に入る気力も、髭を剃る気力もなくなり、髪はぼさぼさ。
部屋を掃除する気力もなく、部屋は汚れていく一方。
食べては横になりを続けていたので、体重も20kgぐらい増えました。

さらに襲い始めたのが、猛烈な孤独感でした。
冷めた人間関係しか持っていなかったので、心をさらけ出せる友達がいなかったのです。

孤独の闇は凄まじいです。あっという間に心を蝕んでいきます。
孤独を紛らわすため、見もしないDVDを買い漁り、大学に行って後輩に会いに行き続け、大学や高校の友達に出かける誘いをかけまくり…しかし、人恋しさあまりに異常なほど近づいたため、人は離れていく一方。

離れていくのが肌で、実感でわかりました。
さらに孤独が深まり、心がすさんでいきました。

自分は独りぼっちだ。誰も相手にしてくれない。
自分が死んでも誰も悲しまない。誰も困らない。

死んでしまいたい。
死にたい。死にたいよ。
誰か僕を殺してくれ。

いつしか毎日、死を願うようになっていました。
 
そんなとき、誕生日(9月9日)に携帯電話が鳴りました。高校で同じ弓道部、3年間苦楽を共にした友達からでした。

「あっ、コヤ。今日誕生日だろ?おめでとう」

何気ない一言でした。でも、この何気ない一言がなかったら、僕はいまこの世にいません。
救われたんです。人に。人間関係は上っ面だ、今まで冷めた関係でしかないと思っていた、人に。

僕はすがりつく思いで事情を全てを話しました。友達は嫌がることなく、全部聞いてくれました。

僕は、独りじゃない。独りじゃないんだ。

それからです。僕が人を、人とのご縁を大切にするようになったのは。

同時期、山崎ナオコーラさんの小説『長い終わりが始まる』にも出会いました。

〈山崎ナオコーラさん「長い終わりが始まる」〉
images
本書は、マンドリンオーケストラサークルに在籍する大学生4年生「小笠原」という女性を主人公とした青春小説です。
マンドリンはイタリアの弦楽器で、マイナーながらも、多くの大学で演奏されています。東京大学にもあるんですよ。

〈マンドリンイメージ写真〉
m-8
 あと、都内大学のマンドリンサークルの殆どの人はイケガクというお店を知っています。マンドリンといえばイケガクイケガクでは落合マンドリンを主に取り扱っています。1台で何十万単位の楽器なんです。

実は僕も大学4年間、マンドリンオーケストラサークルに所属していたんです。だから、すごく親近感を持って読みました。

「すごい…こんなに狭い世界でも小説にできるんだ」

いてもたってもいられなくなり、僕はファンレターを書き、出版社に電話して、ポストに投函しました。
数日後、一通の封筒が自宅の郵便箱に入っていました。裏を見ると「山崎ナオコーラ」のサインが!

山崎ナオコーラさんが返事を書いてくれたんです!!

あまりの驚きと喜びに飛び上がってしまいました。

山崎ナオコーラさんからもらった手紙(封筒)〉
13094227_1178166432206082_3616207953275882016_n
山崎ナオコーラさん手紙文面〉
13043491_1178166722206053_6541903604847889950_n
返事をもらって、思ったんです。

何でもやってみなきゃわからない。
自分も書いてみたい。
小説を。小説を、書きたい。小説家になりたい。

この小説が、この手紙が、山崎ナオコーラさんが、初めて僕に夢を持たせてくれたんです。小説家になりたい、と。
 
山崎ナオコーラさんからもらった手紙は、今も大切な宝物です。
 
それから小説を書き続け、原稿用紙200枚の長編小説『向日葵が咲く頃に』を書きあげました。

特に何か賞をもらったわけではないですが、自分にとっては大きな一歩でした。
いつか山崎ナオコーラさんに会って、直接お礼を伝えることが僕の夢でもあります。

〈小説「向日葵が咲く頃に」1ページ目〉 
小説
それから書店でアルバイトを続けながら、小説を書き続けていたのですが、28歳のとき、父親の機嫌を損ね、また「くだらねぇ!情けねぇ!みっともねぇ!」を連発されました。
 
僕は激しい怒りに駆られ、そのとき初めて父親に逆らいました。
 
父親の部屋のドアを拳で殴って壊し、「俺はアンタの部下じゃねぇ!」と怒鳴りました。父親は一瞬驚いた表情を見せましたが、すぐにこちらを睨みつけ「それはどういう意味だ?」と凄味を効かせて胸倉を掴んできました。僕も反射的に胸倉を掴み返し、押し倒した後、周りにいた母親と兄に引き離されて、30分ほど罵り合いました。

「アンタのこと殺したいと何度も思ったよ!」
「殺せるもんなら殺してみろ!病気の人間を雇う会社がどこにあるんだ!いつまで経っても薬飲み続けやがって!単なる薬漬けじゃないか!とっととやめろ!」

結局、上手く丸めこまれ「お前が悪いんだよ、浅はかだったな」の一言で罵り合いは終わりました。

翌日、小説家の夢を追わせてほしいと素直に頭を下げ、写真はしばらく経ってから撮影したものなんです。まだこのときは、任意団体を立ちあげることも考えていませんでした。
 
◆一般企業とNPOで受けた衝撃◆
父親とは30歳になったら就職すると決めていたので、ある一般企業に就職しました。ですが、ここでも心がどんどん疲弊していきました。
 
社長直属の部署で、提携先に報告レポートを提出する業務に就いていたのですが、データ上、確実に判明していることの数値を変更しての提出を社長から直々に指示されました。

経営面と法律上、問題はないのですが、虚偽の報告をすることになります。

「自分は一般企業には勤められない。利益至上主義についていけない」
 
このときは、父親にも仕事の相談をするようになっていました。喧嘩の一件から、距離が縮まったんです。このときはですけどね。
 
結果、一般企業を辞め、NPOに転職しました。

《NPOはフラットな関係を築け、活発に意見を交わせる土壌が整っている》

大学時代(専修大学)ゼミで研究をしていたからです。
大学時代は内山哲郎教授に大変お世話になっていました。
教務課で酷評された僕のレポートを読んで「君は良い!」と褒めてくださったんです。とても感謝しています。

〈内山哲郎ゼミナール論文集〉
内山ぜみ
しかし、このNPOでも事務局長から酷いパワハラを受けました。

「私の言っていることわかりますかぁ?」
「何回トイレ行ったら気が済むの?もう3回目だけど」
「20分も長電話して何やってんの!?電話代どれだけかけてんのよ!?」
「あなたのやっていることは単なる慇懃無礼よ。お礼を言われる筋合いなどないわ!」
「いちいち報告するためにそばに来たの!?時間の無駄!とっとと席戻って!」

「事務局長に逆らうときはクビになるときだよ」先輩職員から忠告も受けました。

あるとき、広報誌で寄附いただいた企業のコラムを載せる理由を問われて、「協働事業として企業との連携を強めるためです」と答えたとき、

「バカじゃないの?何きれいごと言ってんのよ!」

鼻で笑われたことを今でも覚えています。
 
「NPOですらダメなのか。自分はもう組織に勤められないのかもしれない」
 
そこから、自分で理想とする組織を作るしかないと考え出し、任意団体の道を模索し始めました。
 
◆父親との関係悪化、歩み寄り◆
僕がまた心身を疲弊していたとき、朝早く目が覚めて、出勤するか欠勤するか迷っていたときのことでした。この頃には、NPOを辞めることも話していました。父親は何気なく言葉にしたんです。

「おおっ、今日出勤するのか!頑張ってな!」

正直、この「頑張ってな!」に凄まじく心が追い詰められました。
 どうするか悩んでいるときに、せきたてられている感覚に襲われたからです。

うーん、と返事に窮していると「なんだその態度は!?」と逆鱗に触れました。

ひとまずその日は出勤し、後日改めて真面目に話す機会を設けました。
そのときに、正直に言葉にしたんです。
 
「僕にとって、あなたはトラウマです」
「幼少期の経験からずっと顔色をうかがって生きてきたんです」
「今朝、頑張ってと言われて心が追い詰められました」

本音をぶつけて向き合ってもらえると思ったら、そうはいきませんでした。

「頑張れと言われて追い詰められた?言ってる意味が分からない!もういい加減にしてくれ!」
「トラウマと口にしてる時点で、お前は何からでも逃げる人間なんだよ!もう親子の縁切るか!?それしか方法ないだろ!」
「本当に頭どうかしてるんじゃないか!?」
 
凄まじく追い詰められました。あまりに想定外の反応だったからです。
それでもなんとか、親子の縁は切らない、仕事の話はしない、で話を落ち着かせたのですが、翌日、凄まじい不安感と焦燥感に襲われました。
いのちの電話にずっと電話をかけ続け、病院に事情を説明して、不安を緩和させる筋肉注射を打ってもらいました。筋肉注射の痛みは今も覚えています。一か月以上消えませんでした。

〈埼玉いのちの電話HP〉
13055923_1178168262205899_8559278048157189292_o
ただ、向こうも本音をぶつけてきた自分に言いすぎたと思ったらしく、向こうからも歩みよってくれました。現在は父親との関係も大分良くなっています。
 
これはここ数日で気付いたことなのですが、僕は家族の愛情に飢えていました。家族に愛されている感覚がなく、承認欲求がとても強かったのです。もっと認めてほしいという想いがすごく強かった。

これを「You×You(遊×友)トーク」で話したところ、
「愛してほしいんなら、まず自分から家族に愛してるって伝えればいいじゃん」
と言葉をもらいました。

なるほどなぁとしみじみ思いました。

この言葉を機に、家族にまず自分から愛していることを伝え、真正面から向き合います。これは宣言です。真正面から向き合った結果どうなるか。それもお伝えできればと思っています。
 
◆様々な出会い~おなかま、Re:s Cafe、CRファクトリー、芸術家の村~◆
今まで書いた過程の中で、たくさんのイベントに参加し、たくさんの方々に会う機会に恵まれました。
本当は全部書きたいところですが、書き始めると超大作になってしまうので、いくつかにさせていただきますね。

2015年2月には門前仲町「おなかま」店主の田頭和みさんに出会いました。
僕に多くのことをもたらし、道を照らしてくれる女性です。いま、僕は和みさんを師事しています。

「おなかま」に、和みさんに出会えたからこそ、「You×You(遊×友)トーク」は開催できたんです。

ちなみに、「You×You(遊×友)トーク」には原型があります。それが「おなかた会」というイベントです。「おなかた会」は少人数で深く語り合おうというのが目的のイベントで、僕は自分の話を聞いてもらえる「おなかた会」が大好きでした。
その「おなかた会」を担当している高沖泰大くん(おっきー)が僕に声をかけてくれたんです。
「もしよかったら一緒にやらない?」って。
 
当時、僕は自分でイベントをやってみたいと思っていたところで、もちろん快諾、様々な試行錯誤を経て、「You×You(遊×友)トーク」が生まれました。

『表現することで、人は人でいられる』
 
このコンセプトは、「You×You(遊×友)トーク」から学んだことなんです。

〈おなかまの様子〉
13029631_1178170038872388_1940455015530880036_o
〈店主田頭和みさんの写真〉
13083102_1178170105539048_7574466097671102848_n
夏には映画「うまれる」自主上映会で高田馬場「Re:s Cafe」オーナー前田峻行さんに出会いました。 

〈Re:s Cafeの様子〉

13086758_1178170562205669_5393893039170069595_o
〈映画「うまれる」〉
13102864_1178170725538986_3709380149473979055_n
このご縁をきっかけに、前田さんの心意気でワークショップを開催する機会をいただきました。

そこから生まれたのが「生きるNight」です。
 
以前から僕は真面目な話ができる場所の圧倒的な少なさを非常に感じていて、あっという間に心を蝕んでいく孤独の恐ろしさも体感していたので、
 
「本当は生きることに悩んでいたり、葛藤していたり、真面目に話したい方が多くいるんじゃないか?」
そう考え、「生きるNight」を始めました。

〈生きるNightイベントページ画像〉
13047683_1178170868872305_3364390184155467615_o
実際に開催してみて参加者の方々の声を聞くと、深い話や真面目な話がなかなかできない、聞いてくれる人がいない、真面目な話をしようとすると白い目で見られるなど、色々なことを感じている方が多くいらっしゃいました。
 
他言無用のルールがあるので詳細は述べられませんが、深い話をした後はホッとした表情やスッキリした笑顔を浮かべてくださることも実感しました。

また、Facebookイベントページの内容を見て、株式会社ビオ・マガジンのアネモネ編集部の方がご連絡をくださり、雑誌anemoneに紹介記事を載せてもらいました。このときの感激と喜びといったらもう表現しきれなかったです。

〈雑誌anemone〉
13062990_1178171068872285_4115995446333907511_o
〈生きるNight紹介文〉
13047718_1178171185538940_2714030635646707706_o
心の中にあるコト・モノを話してくださった参加者の皆様には本当に感謝しています。
学ぶことが本当に多かったです。
 
同じ頃から、NPO法人CRファクトリーにもお世話になっています。

代表の呉哲煥さん、事業部長の五井渕利明さん、事務局長の原田篤志くん(あっちゃん)と出会い、個人会員となって、コミュニティ・マネジメント・ラボにも参加させていただいています。
コミュニティ・マネジメント・ラボは他団体と相互研鑽しながら、団体をブラッシュアップしていく画期的な活動です。

〈コミュニティ・マネジメント・ラボチラシ表〉
13086984_1178171382205587_6857120461792755317_o
〈コミュニティ・マネジメント・ラボチラシ裏〉
12891781_758097234326121_9197021787033303757_o
ちなみにCRファクトリーではインターン生を募集しています。
Facebookページに詳細は載っています)

〈CRファクトリーインターン募集〉
13043343_1178171585538900_5477411931629724574_n
興味がある方はご連絡してみてくださいね。
 
★連絡先はこちら

今は任意団体の活動に集中するため辞めてしまいましたが、10月からはNPO法人芸術家の村で長期インターンとして御世話になりました。
13043361_1178171865538872_6935753883196981870_n
「生きがいを感じることができる社会へ~あったらいいなを想像して創造する~」

このキャッチコピーに惹かれ、団体を立ち上げて運営していくための勉強ができればと思い、説明会を受講、インターンとして参加させていただきました。

右も左もわからない状態でしたが、代表の柚木理雄さん、事務局長の片山峻さん、同じインターンの皆さんにたくさん教わりながら、メールマガジン素案作成やイベントの運営補助を担当しました。

芸術家の村では月に一回「勤務日(一日業務に徹する)」を設けていて、みんなでお昼に買ってきたお寿司をパクついたりしたのが良い思い出です。

〈勤務日のお昼の様子〉

13029457_1178172188872173_6142898890986264789_o
芸術家の村では本当にたくさんの活動を展開しています。
どれも有意義な活動です。いくつかご紹介しますね。

①LinkProject(リンクプロジュクト)
10246400_10152334815159798_3716336296747168603_n
LinkProjectは、登壇者(話し手)と参加者のコミュニケーションによって、お互いのことを深く理解し、新しい活動が生まれることを目指しているイベントです。登壇は基本、誰でもできるようになっていて、団体にとっては自団体の活動を知ってもらう大きなきっかけになります。
イベント後は懇親会も設けていて、登壇者や他の参加者とゆっくり話せる時間もあるんですよ。

〈LinkProject懇親会後の集合写真〉
13076771_1178173252205400_5600584754147073016_n
②SOIF(ソーシャルイノベーターの情熱に出会う。未来に投資する) 
10377083_645635158838850_4127219233578308795_n
SOIF(The Social Investing farm)は毎回テーマを決め、そのテーマについて活動している団体の方々が登壇、参加者が社会投資(寄付)をするイベントです。誰でも簡単に寄付体験ができて、日本に寄付文化を根付かせるきっかけとしています。
※ちなみに、4月のテーマは「女性」で開催されました。
13012711_1056712477708358_7015724139875060433_n
芸術家の村では「1日3時間、計2日間」で、NPOの設立書類を実際に作ってしまう講座、StartupLabを毎月開催していて、事務局長の片山さんが直々にレクチャーしてくれます。
講座開催後、数日して「NPOを設立しました」と報告を受けることも多々あるんだとか。
 
④Social Business Lab(ソーシャルビジネス ラボ)
10403829_666596383388428_3445066892631102725_o
ソーシャル・ビジネス・ラボ(SBL)は芸術家の村が運営する、多目的スペースのことです。 
content_6c292ca5755344e58ba1f50adc889d0bfd851c5f-700x300-575x246
セミナー、絵画教室、勉強会、お店、地域の集まり、料理会など多目的に利用可能、NPOや社会起業家向けに、特別な価格でスペース提供していて、利用者同士のマッチング・事業支援を行うことで利用者の社会活動を促進し、新しいソーシャルビジネスを生み出すことを目指しています。

SBLにはⅠとⅡがあって、SBLⅡはコワーキングオフィスとして利用できます。
コワーキングMV
また、SBLⅠの1階はギャラリー・店舗としても利用できるんですよ。

〈SBL1階内覧〉

13091910_1178191545536904_4821640421783409734_n
〈店舗利用イメージ〉
13082596_1178191658870226_4095107909010015603_n
〈ギャラリー利用イメージ〉
13043354_1178191858870206_9019259953009217838_n
SBLⅠ・Ⅱ共に定期利用が可能です。
特にSBLⅡは住所登記など、色々なサービスも付いています。
興味を持った方はぜひ一度ご連絡してみてくださいね。

★該当ページはこちら

ファシリテーターとしてどのように場を運営すればいいかは、株式会社僕らの家から学びました。
1008364_621800534499879_1067587706_o
きっかけは代表の中島昭聡(しま)に出会い、アイスブレイク体験会に参加してからの付き合いです。

しまにはとても不思議な魅力があって、しまに何かアドバイスされると「しまが言うならやってみるか」とその気になってしまうんです。

〈株式会社代表取締役 中島昭聡(しま)の写真〉
10339349_671737529558705_3305135880343769151_o
そのほかにも、僕らの家のスタッフはみんな魅力的で、キャンプとファシリテーター講座では、小針望友紀(みゆきち)水田智士(さとし)にとてもお世話になってます。 

〈僕らの家「子どもゴコロキャンプ」〉
11709633_1021428441203751_6755609502497053934_n
〈ファシリテーター講座の様子〉
content_f48fecaea93c1eb3382ba9a6cbabe4ab8588393a
僕らの家のグランドルールでは
 
「ニックネームで呼び合う」
「敬語を使わない」
「受け入れる」
「みんなで創る」

というのがあり、それが僕には強い魅力です。僕らの家の魅力に触れると、価値観がガラリと変わります。それはもう驚くほどです!!

しかもつながる人に悪い人はいません。それがまた不思議なところです。

元旦には、メッセージ付の年賀状を送ってくれました。宝物として大切に保管してあります。
13047864_1178194388869953_5264044896798209189_o
ちなみに、いまは僕らの家と別になっていますが、Relaxcampというのもあります。Relaxcampでは齋藤伊慈(よししげ)坂巻友理(まっきー)早崎文野(のってぃ)にお世話になっています。
12819451_1689603897988147_3314009371852931190_o
自分のペースで楽しむことを大切にしていて、焚火を囲みながら語ったり、とてもゆったりとした気分になれるイベントを開催しているんですよ。

〈Relaxcamp「焚火ダイアログ」〉
12299292_1655592341389303_7167533549982730157_n
2015年11月からはヒューマンライブラリー(生きている図書館)にも積極的に参加しています。
human-library_poster
これは、人間を本として見立て、興味を持った方に時間を設けて貸し出し、対話するというイベントです。
 
開催場所では、どんな本があるか(どんな人間がいるか)が簡易表示されており、準備された本が語る、もしくは語りたいテーマとあらすじが聴講者に見えるようになっています。

僕は明治大学の横田ゼミ主催を始めとして、鎌倉の円覚寺Human Library Tokyo主催)、川口のキュポラブックオブ・りーふぐりーん主催)で開催されたヒューマンライブラリーに参加させていただきました。

〈明治大学中野キャンパスでのヒューマンライブラリー〉
13063000_1178195862203139_3496318260604233582_o
〈ヒューマンライブラリーin円覚寺〉
12916738_1707458709513544_3819135049827256140_o
〈川口キュポラでの「生きている図書館第9章」〉
13015107_990920140984552_2334025041563355883_n
 このように、たくさんの出会いや経験をして、僕はたくさんの人に支えられ、たくさんのことを学んで、2015年11月下旬に任意団体SEA-CLEARを立ち上げられたんです。
◆「自分のために生きよう~『生きる』を全肯定する~」が生まれたきっかけ◆
任意団体を立ち上げて数か月、NPO法人CRファクトリーコミュニティ・マネジメント・ラボでも成果報告会として団体活動を報告し、2016年に入った後でした。
 
僕の友達で、鷹巣衿奈さん(衿奈ちゃん)というアーティストがいます。
えりなの木という屋号で活動している、僕にとってとても大切な存在です。
12472314_572948446205186_2459717391993739701_n(修正)
彼女の個展には何度か足を運んでいて、観に行くたびに、律儀にダイレクトメッセージを送ってくれるんです。
これも僕の宝物で、大切に全部保管してあります。
 
2月の個展(そのときは複数アーティストによる展示でした)を観に行った後、同じように彼女からダイレクトメッセージが届きました。

そこに描いてあったんです。

「自分のために生きよう」

文字を読んだ瞬間、強く心に響くものがありました。彼女の感性は色彩豊かでいつも圧倒されるのですが、数倍以上の圧倒感でした。後日、彼女に「自分のために生きよう」と描いた理由を直接聞いてみると、

「この言葉が今の小山ちゃんに一番合ってるかなと思って」

と答えてくれました。
 
それから何日かして、数日間、自分と真正面から向き合う機会がありました。
任意団体の活動や、自分の生き方の根本を揺るがす出来事があったんです。

「自分のしてきたことは間違っていたんだろうか?」
「自分の一体何がいけなかったんだろう?」
「自分が本当にしたいことはなんだろう?」

悩みに悩んだとき、ハッと気づきました。
 
「今まで、自分は人のためや社会のためと考えて、自分自身をおざなりにしてた。誰かのためと思って、自分を摩耗してしか生きてこなかった」

凄まじい衝撃が体中に走りました。
今まで全く自分を気にかけてこなかったことにショックでした。
それは、自分が今までしてきたことにもショックを及ぼしました。

一体、今まで自分は何をやってたんだ。
他人の人生に介入して、手を無理矢理引っ張ってただけじゃないか。
人の居場所になりたいって言っておきながら、自分が作った場所に無理矢理居させようとしてただけじゃないか。
どうして今まで気付かなかったんだ。

自分のために生きるにはどうしたらよいか。
僕は本気で考え始めました。

それからというもの、色んな人に
「自分のために生きてるって感じるのはどんなとき?」
とインタビューしまくりました。
 
自分の理念が強く揺らいだため、団体活動も一旦休止を考えました。しかし、周りにいてくださった方々の支援や応援もあり、団体活動を継続する意志を固めました。
 
また、自分と同じような方が日本には多いのではないかと強く感じ始めました。

人の役に立ちなさい。社会の役に立ちなさい。
世のため、人のために生きなさい。
人を慮り、意見を尊重し、謙虚でいなさい。

このように、世間や国で謳われている理想の日本人像に基づいて、自分を摩耗している人が多いのではないか?自分を犠牲にしている人が多いのではないか?

本来であれば、順序は逆なのではないか?

自分の存在を認めて、受け入れて、ハグするように大切にして。
まず自分自身を大切にすることで、自分の内から溢れ出た何かが、結果、人や社会、世のためにつながるのではないのだろうか?

自分のやりたいことが本当はあるのに、色々な制限や枠、枷をつけられて動けなくなっている人、本当は何がやりたかったのかが見えなくなっている人が多いのではないか?

それを考えて何になる、だいいち忙しくて考える時間などない、それが社会だ、それが世間だ、仕事をして稼がなければ食っていけないのだ、と。

でも、世間体や常識をどんなに守っても、それらは自分を守ってくれない。

それなら、自分のやりたいことをやって生きるのが望ましい生き方ではないか?

自分のために生きるとはなにか?

これを伝えられれば、社会を大きく変えられるかもしれない。
先の見えない不安と疲弊に包まれた社会を変えられるかもしれない。

本気でそう思ったんです。
だからこそ、まず自分がやりたいことをやって生きようと決めたんです。
まず自分が実践できていないと、説得力がありません。

同時に、【対話(表現)】【つながり】は、自分を認識して肯定する大切な要素であると確信しています。これは自分の原体験からきていて、学術的にも証明されています。
それらが生み出せれば、確実にメンタルヘルスの改善自殺の事前予防につながります。

NPO法人CRファクトリーコミュニティ・マネジメント・ラボ会員限定で発信してくれている情報をいくつかご紹介しますね。
会員になるととても有意義な情報を得られます。こちらは毎回事務局長の原田くんが発信してくれているんですよ。

2015年3月、米ブリガムヤング大学の研究グループは、ある論文を報告した。それによれば、最も長生きを妨げるものは「孤独」だという。
※詳細はタイトルをクリックしてリンク先をご覧ください。

②「支えてくれる人がいる」感覚が幸福度を高める〜ソーシャル・サポートの充実度と幸福度の関係〜
2012年の内閣府の調査において、ソーシャル・サポートと幸福度の関係性が示されている。(グラフ参照)
ここで言うソーシャル・サポートとは、社会的関係の中でやりとりされる支援の充実度を測る指標であり、以下の6項目から成る。
・ 落ち込んでいると、元気付けてくれる
・ 嬉しいことが起きたとき、それを我が事のように喜んでくれる
・ どうにもならない状況に陥っても何とかしてくれる
・ 元気がないとき、すぐに気付いて気遣ってくれる
・ 普段からあなたの気持ちをよく理解している
・ 良いところも悪いところもすべて含めて、あなたの存在を認めてくれる
すなわち、「ソーシャル・サポートが充実している」とは、「支えてくれる人」「認めてくれる人」に恵まれている状態と言える。
<参考文献>
ソーシャルキャピタル「きずな」の科学とは何か
著者:稲葉陽二 ほか
出版社:ミネルヴァ書房
出版日:2014年6月10日
11221771_680657118736800_5039340481114539226_n
③「孤独」は喫煙よりも身体に悪い〜健康に最も影響力が大きいのは「つながり」〜
2010年、アメリカのブリガム・ヤング大学のホルトランスタッドという研究者は、「タバコを吸わない」「お酒を飲み過ぎない」「運動する」「太り過ぎない」といった項目よりも、「つながり」があることの方が寿命を長くする影響力が高いという結論を導いた。
それまで、寿命を短くする悪玉の代表格はタバコだったが、実際は「孤独は喫煙より悪い」ことが判明した。
<参考文献>
文献名:『友だちの数で寿命はきまる』
著者:石川善樹
出版社:マガジンハウス
発行日:2014年11月20日
12031991_682121178590394_7437682324537870051_n
④幸福度が高い人ほど深い話の量が多い〜深い会話は、相手との関係に「意義の感覚」を生むことができる〜
content_dcdfd41cb6e96e78736deb5f5add6f6311da8e80-
軽い雑談をたくさんこなせる人ほどコミュニケーション能力が高くて幸せそうな印象があるが、実際のところは、幸福度が高い人ほど深い話の量が多いという研究結果がある。
※詳細はタイトルをクリックしてリンク先をご覧ください。

⑤つながりはストレスを軽減する~つながりという薬~
社会関係資本は実際に生理学的トリガー機能として働き、人間の免疫システムを刺激して病気に抵抗し、またストレスを緩衡している可能性がある。
隔離した動物は、そうでないものよりもアテローム性動脈硬化症が広範に広がり、また動物でも人間でも、孤独が免疫反応を低下させ血圧を上昇させることが判明している。
出典:ロバート・D・パットナム 孤独なボウリング 柏書房 2012年第6刷
 
【対話(表現)】して自分を認め肯定する。

これは一例ですが、怒りを伝えられるかどうかは大きく自己肯定感に関わっています。
 
「怒りは負の感情であり、怒ってはならない」とよく謳われていますが、不要な感情は存在しません。人間に備わっている感情は全て必要だからこそ現存しています。
 
だからといって、いつも感情的になって怒鳴り散らせと言っているのではありません。
怒り
怒りの感情を抑え込んだり否定せず、「いま自分は怒っていますよ」「怒りを感じていますよ」と、伝え方を工夫した上で伝えるのが大切だと言っています。もちろん、そのためには試行錯誤が重要です。
 
「あの人は本当に怒らないよねぇ」とよく耳にしますが、多くの場合、その人は怒っていないのではなく、怒れないのです。怒り方がわからず、どうやって怒りを伝えればいいのかわからないからです。
 
その傾向は、幼少期、親に抑えつけられてきたり、価値観を押し付けられてきて育ってきた方、反抗期に十分反抗できなかった方によく見られます。
 
怒りを我慢すると、時間を経て猛烈な自己嫌悪感と自己否定感が発生します。
怒ったときの場面が何度も頭に浮かび、ぶつけようのない怒りに苦しみます。
ac7f864f-cc86-408d-b5e0-31d899262617
それを解決する一番の方法は、「あぁ、自分は怒っているな」という感覚をキャッチし、怒りの発生源に「自分は怒っていますよ」と伝えることです。
フィロソフィーダイアログでは、そのような観点も取り入れていければと思っています。
 
自分を伝える力を培うと共に、参加者同士の横のつながりを増やしていく。
つながりはつながりを生み、孤独を遠ざけてくれる。
「自分にはあの人がいる」と思うだけで、人は生きる力を生み出せます。
 
生きるNightでワークショップ「あなたにとって幸せとは何ですか?」をやったとき、ある女の子が答えてくれました。
 
「私にとって幸せは、会いたい人がいることです」
 
参加した全員が大きく頷いたのを今でも覚えています。
人は心の中に会いたい人がいるだけで、生きていけるんです。
また、あるイベントで出会った大学生が教えてくれました。
 
「苦しみの本質は孤独である」
lgf01a201404150000
【対話】【つながり】
 
再度申し上げますが、この二つの要素は、人の内側と心を満たし、「自分は生きていていいんだ」と自己承認できることで自己肯定感を強め、メンタルヘルスの改善自殺の事前防止につながります。
結果、それぞれの人から溢れだすあたたかい【何か】が、他人に、社会に影響を与え、日本全体に生きる活力が湧いていきます。
12088047_687266361409209_2130551857594146234_n
今までの活動を通して痛感しているのは、男女問わず、自己肯定感が低い20代~40代の方が多くいらっしゃることです。
また、共通しているのは、自分を上手く表現できない、かつ、表現しても受け入れてくれる[ばしょ(人・場所両方含む)]がないことです。
content_c143a71f49e90d8417b5aa8bf553104f4afc8d46
人のため・世のために働く、行動する、思考するなど「他を優先する」が心身ともに染みついてしまっており、自分のことがおざなりになって、疲弊しきってしまう方が後を絶ちません。
近年、自殺者数が3万人を切ったとニュースになっていましたが、万単位の自殺者数が出ていること自体、異常なのです。実際は数倍単位の方が亡くなっています。

〈H27年3月発表 警察庁統計資料より 出典:警察庁「平成26年中における自殺の状況」〉
img_suicide_01
人のため・会社のため・社会のためではなく、まず自分のために生きる。
自分のために生きることで、それが自然と、人の、社会の、世のためになる。

それを訴えるため、任意団体の活動を本業化し、少しでも多くの人に「自分のために生きるとは何か?」を伝え、考えるきっかけを作りたいと思いました。

フィロソフィーダイアログ~自分のために生きよう~はこうして生まれたんです。