現在クラウドファンディングのプロジェクトページを再修正中です。
ここ数日は激動でした。 滝に打たれ続けています。
おかげで団体紹介のブラッシュアップもできました。 


【告知】
当団体は現在クラウドファンディングに挑戦中です。

プロジェクトページは現在再修正中です。
新着情報も随時更新しています。

プロジェクト申請時原文もプロジェクトの新着情報に掲載しています。
こちらは自分の半生も交えて書いています。
5分程度で読み終わる短編小説だと思ってください。

プロジェクト支援方法についても、近いうちに掲載予定です。
※ブログでもご案内もしております。

新着情報にも記載いたしましたが、必要な活動資金は全部で1,000,000円単位です。
その中で、必要資金の一部である200,000円をクラウドファンディングで募っています。

また、生きる力を創り出し、生きる勇気を持ってもらうため、

①What's SEA-CLEAR?
②SEA-CLEAR Human Library
③SEA-CLEAR Conference
④SEA-CLEAR Talk(Trial)
⑤SEA-CLEAR Talk
⑥SEA-CLAER Break time

といった、複数の事業を展開しています。
それらの活動を含めた創業支援資金としても活用させていただければ大変嬉しいです。
活動継続のため、ぜひとも寄付のご協力をお願いいたします。
《プロジェクトページはこちら》
生きる尊さを体感するワークショップで、生きる力を創り出す!
31121caa0a7a54a0567f750a2d31fe1e19402552
※カバー写真は担当者の方がチョイスしてくれました。感謝感謝です。
《プロジェクトページ原文はこちら》
クラウドファンディング原文(ママ転載)

《クレジットカード決済での支援方法はこちら》
《銀行振込での支援方法はこちら》
《クラウドファンディングに挑戦する理由はこちら》
クラウドファンディングに挑戦する理由

【本文】
さて、改めてですが。

現在クラウドファンディングのプロジェクトページを再修正中です。

修正完了と先日お伝えしたばかりのなのですが、物事が激動のように流れており、いまに至っています。

再修正の一番の理由は何より
キャッチコピーやビジョンが変わったから
なんです。

この流れを時系列で表しますと、

①クラウドファンディング担当者の変更あり

②押上駅から徒歩数分のカフェいとで話を聞いてもらう
※ありがたいご縁です。感謝。

③大学時代お世話になった内山哲朗教授とお食事
※ただでさえお忙しい中、時間を割いて話を聞いてくださいました。感謝に感謝です。

NPO法人CRファクトリーのコミュニティ・マネジメント・ラボで壁打ち
※抱えている課題に対したくさんのフィードバックをもらえます。感謝です。

⑤これらを基に団体の在り方を再検討
※「自分が本当に訴えたいことは何だろう…」と自分に問いかけました。

⑥「答えは探すものではなく、創るものだ」
※内山哲朗教授から学んだ言葉です。

⑦「創る、か……………」
※自分の問題意識と当事者意識を再確認して…。

⑧「これだ!!これを訴えたいんだ!!」
※自分の答え、つまり問題意識と当事者意識を言語化しました。

⑨団体紹介を大幅に創り直す
※キャッチコピー・ビジョン・ミッション・アプローチがよりシンプルになりました。

⑩より明確になったビジョンを基に、プロジェクトページの再修正を依頼
※ただいま担当者の方が忙しい合間を縫って修正してくださっています。


という感じになっています。
全部起こるべきして起こったとしか思えないタイミングで起こっています。
物事というのは本当に不思議です。

さて、今回は当団体の新キャッチコピー・ビジョン・ミッション・アプローチをご紹介できればと思います。
プロジェクトページの新着情報にも載せますので、そちらでもご覧いただけます。

いまから紹介する内容は今後変わるかもしれません。でも、それでいいと思っています。
答えは創るもの、つまり、変動的なものだからです。

「答えが一つしかない問題はこの世に存在しない」
教授から教えていただいた言葉です。

「この世で答えがある問題は微塵にも満たない」
「この世のほとんどの物事に答えは存在しない」
「故に、絶対も正しいも、間違いも存在しない」
「もし絶対があるとするのならば、それは生きることだ」

僕自身も答えは持っていましたが、教授は比にならないほどたくさんの答えを持っていました。
自分の答え、教授の答え、クラウドファンディングを始めてからもらった答え、壁打ちでの答え…。

色んな答えから問題意識を多面的、多角的に見つめました

そのおかげで、いままでぼんやりと持っていた結論が明確になったんです。
それをまとめたのがキャッチコピーです。

◆キャッチコピー◆
01
僕は鬱を発症してから社会に生きづらさを感じていました。

「やりたくないことを我慢してやり続けるのが当然だ、それが社会だ」
という常識や世間体に違和感を抱いていたんです。

細かい内容は別途お伝えできればと思いますが、それは僕達大人がいまに、これからに伝えていくことなのだろうかという問題意識を強く持っています。

この常識や世間体の下で生活している限り、生きる力は失われていく。
現実に失っている方が多くいらっしゃるのではないか。

だからこそ生きる力の回復と創出がいまもこれからも必要なんだ。

生きる力が創り出せれば、いま目の前で起こっていることに対して当事者意識を持ち始める。
それは、日本社会にはびこっている生きづらさに対する疑問をもたらしてくれる。
疑問が生まれれば、どうしたら生きやすくなるのかを考え、日本社会に提言する力が生み出せる。

生きる力を創り出す
というキャッチコピーにはそんな想いを込めています。

◆ビジョン◆
02
生きる力を創り出すためには、まず生きることそのものを自分で肯定すること、かつ、肯定してくれる相手の存在が大切です。生きるを肯定する、は僕自身にも言えますし、僕自身が誰に対しても、生きるを肯定する[ばしょ]でありたいという想いを込めています。

かつ、これは大事なことで、
生きることに罪はありません。

心理学の交流分析という分野で「I am OK,You are OK」という考え方があります。
「あなたもわたしもOKだ(存在してていい、生きてていい)」という意味で、この考え方をどうにか表現できないかと思い、辿りついたのが「生きることに罪はない」でした。

◆ミッション・アプローチ◆
03
ミッションの自分で生きるは「自分で自分を生きる」がより細かい表現です。
生き方を決めるのは他の誰でもなく、僕達、つまり、自分自身なのだという想いを込めています。

また、アプローチは今までキャッチコピーにしていた生きる尊さの体感としました。
「人間は表現しているとき、自分になれるんだよね」
わなびばKITCHEN333を仕切っている野田学さんの言葉です。
concept_pc
人間は何かを伝えたり表現するとき、生きるに触れています。
生きるに触れることは、生きる深さや面白み、素晴らしさを感じ取ることにつながっていきます。

もちろん、表現が苦手、表現がしたくてもできないという方もいらっしゃると思います。
例えば「人前に出た途端、一瞬にして言葉が出てこなくなる」などです。

その方々は一体どうなるのか。

これは未だ答えが創れておらず、当団体の課題です。
準備・調査・努力を続けていく所存です。

簡単にはなりますが、これが当団体の新キャッチコピー・ビジョン・ミッション・アプローチになります。
この内容を先方には連絡済みで、本日24:00までにできるだけの修正を加えてくださるそうです。

自分のわがままに付き合ってくれる担当者の方に改めて感謝です。

僕はこれから池袋のとあるシェアハウスに行ってまいります。
ここ実ハウスという、とても素敵で暖かいシェアハウスです。

これも起こるべきして起こったこと。
全ては流れ。

流れに身を任せたいと思います。

明日はSEA-CLEAR Conferenceです!!
10°CAFE2階でお待ちしております!!

クラウドファンディングの告知を再度して終わりますね。

【告知】
当団体は現在クラウドファンディングに挑戦中です。

プロジェクトページは現在再修正中です。
新着情報も随時更新しています。

プロジェクト申請時原文もプロジェクトの新着情報に掲載しています。
こちらは自分の半生も交えて書いています。
5分程度で読み終わる短編小説だと思ってください。

プロジェクト支援方法についても、近いうちに掲載予定です。
※ブログでもご案内もしております。

新着情報にも記載いたしましたが、必要な活動資金は全部で1,000,000円単位です。
その中で、必要資金の一部である200,000円をクラウドファンディングで募っています。

また、生きる力を創り出し、生きる勇気を持ってもらうため、

①What's SEA-CLEAR?
②SEA-CLEAR Human Library
③SEA-CLEAR Conference
④SEA-CLEAR Talk(Trial)
⑤SEA-CLEAR Talk
⑥SEA-CLAER Break time

といった、複数の事業を展開しています。
それらの活動を含めた創業支援資金としても活用させていただければ大変嬉しいです。
活動継続のため、ぜひとも寄付のご協力をお願いいたします。
《プロジェクトページはこちら》
生きる尊さを体感するワークショップで、生きる力を創り出す!
31121caa0a7a54a0567f750a2d31fe1e19402552
※カバー写真は担当者の方がチョイスしてくれました。感謝感謝です。
《プロジェクトページ原文はこちら》
クラウドファンディング原文(ママ転載)

《クレジットカード決済での支援方法はこちら》
《銀行振込での支援方法はこちら》
《クラウドファンディングに挑戦する理由はこちら》
クラウドファンディングに挑戦する理由 

生きる力を創り出す
任意団体SEA-CLEAR代表
小山祐介(コヤ)
【Mail】
infoseaclear@gmail.com
【Twitter】
団体アカウント
【Instagram】
団体アカウント
【Facebook】
団体ページ 個人ページ