任意団体SEA-CLEAR「生きる実験台」小山祐介(コヤ)のBlog

生きる力を創り出す

任意団体SEA-CLEAR「生きる実験台」小山祐介(コヤ)のブログです!
思ったことや感じたこと、伝えたいことをあるがままに綴れればと思っています!

タグ:Facebook

「クラウドファンディングは辛いのでおすすめしないですよ」
以前とてもお世話になった方にアドバイスを受けたことがあります。
その意味を、いま痛感しています。

【告知】
当団体は現在クラウドファンディングに挑戦中です。

プロジェクトページの修正は完了していて、新着情報も随時更新しています。
そちらをご覧いただければ僕の伝えたいメッセージはわかるようになっています。

プロジェクト申請時の原文も僕の原体験も掲載しています。
こちらは自分の半生も交えて書いています。5分程度で読み終わる短編小説だと思ってください。

プロジェクト支援方法についても、近いうちに掲載予定です。
※ブログでもご案内もしております。

新着情報にも記載いたしましたが、
必要な活動資金は全部で2,000,000円です。
この数字は2年間で黒字化させる計画から算出した金額で、必要資金の一部である200,000円をクラウドファンディングで募っています。

また、『生きる』尊さを体感し、「生き方を決めるのは自分自身だ」という意志を持ってもらうため、

①What's SEA-CLEAR?
②SEA-CLEAR Human Library
③SEA-CLEAR Conference
④SEA-CLEAR Talk(Trial)
⑤SEA-CLEAR Talk
⑥SEA-CLAER Break time

といった、複数の事業を展開しています。
それらの活動を含めた創業支援資金としても活用させていただければ大変嬉しいです。
活動継続のため、ぜひとも寄付のご協力をお願いいたします。
《プロジェクトページはこちら》
『生きる』尊さを体感してもらい、自殺予防につなげたい!!
《プロジェクトページ原文はこちら》
クラウドファンディング原文(ママ転載)

《クレジットカード決済での支援方法はこちら》
《銀行振込での支援方法はこちら》
《クラウドファンディングに挑戦する理由はこちら》
クラウドファンディングに挑戦する理由

【本文】
「クラウドファンディングは辛いのでおすすめしないですよ」
これは、以前インターンでお世話になったNPO法人芸術家の村代表柚木理雄さんからいただいたアドバイスです。
その言葉の意味を、酷く痛感しています。

Readyfor?のクラウドファンディングを始めてから、早いもので10日間が経過しました。
プロジェクト期限は30日間なので、残り20日間になります。

この10日間はあっという間に過ぎ去っていきました。
What's SEA-CLAER?やSEA-CLEAR Human Libraryを開催しつつ、プロジェクトページの修正を都度依頼し、ときにはかなり細かい注文まで出しました。
01
※ありがたいことにWhat's SEA-CLAER?もSEA-CLEAR Human Libraryも参加してくださった方がいらっしゃいました。こちらの活動報告は別途できればと思っています。

Wordファイルで修正点をまとめたイメージを提出し、何度も何度もお願いしました。
「いい加減にしてください!」と言われてもおかしくないレベルだったと思います。
f2f0aefb1738181d5934946c361f2a9a
それでもキュレーター(担当者)の方は根強く対応してくれました。
今もなお、個別メッセージの文面や送るときのポイント、1日どれぐらい閲覧されているか(PV数)などを教えてくださっています。
ただただ、頭が下がる思いです。
51488112b635e9883dbc9f3d1b760895_m
また、クラウドファンディング公開及び挑戦をFacebook告知してから、記事をシェアしてくださった方、興味をもっていいね!を押してくださった方、アドバイスやご意見をくださった方もたくさんいらっしゃいます。
丁寧に個別にメッセージをくださった方もいらっしゃいます。

そのアドバイスや意見に基づいてブラッシュアップを継続した結果、プロジェクトページは公開当初と比にならないほどブラッシュアップされました。
images (1)
一人の力で生きているのではなく、他人様のおかげで、他人様に支えられて生きている。
それを改めて感じている次第です。

ただ、悔しいこともあります。

何よりも悔しいのが、ブログ更新ができないことです。
実はクラウドファンディングを通して、思ったこと、感じたことがいくつもあります。
これは、僕達大人、これからの将来を担う人達にお伝えしたいことです。
snew120628
それを文章にしてお伝えしたいのですが、なかなか時間をとることができません。
クラウドファンディングが落ち着いたら、ぜひ書かせてもらえればと思っています。

タイトルは決まっています。

「夢と犠牲」

これがタイトルです。
みなさんにぜひ問い掛けたいことがあるんです。
クラウドファンディングが落ち着きを見せるまで、我慢です。

しかし、酷く痛感させられていることもあります。

冒頭にも書きましたが、クラウドファンディングに挑戦するにあたって、NPO法人芸術家の村の代表である柚木理雄さんに相談をしていました。そのときにアドバイスをもらっていたんです。

「クラウドファンディングは辛いのでおすすめしないですよ」と。
2a55ec579a60ca89127910572a9aa2c2_s
始めるまではわかりませんでしたが、いざクラウドファンディングを始めてみると、この言葉の意味が凄まじくわかります。

何より辛いのは以下2点なんです。

①先が見えない不安
②ノルマの発生

①は「達成できるのかどうか先が見えないがために常に不安と対峙しなければならない」ということです。
f0112952_203658100
もちろん本気で臨んでいるので
「達成できる!このプロジェクトには意義がある!」
というのは自分の心にちゃんと持っています。

しかし、ひとたび不安が少しでも生じるとそれが牙を向き始めます。
不安が心を蝕むスピードは恐ろしいです。

「このまま達成できなかったらどうしよう…」
「もしかしたら達成できないんじゃないか…」
「もう達成できないに決まってる…」 

あっという間に負のスパイラル思考が始まります。
「自分は独りぼっちだ」という感覚にすらなってきます。
it-engineer-hard
これに歯止めをかけるため、かなりのパワーを要します。

始めたからには責任がありますし、不安とは向き合い続けなければならないのは自分が一番わかっています。
しかし、それが想像以上だったということをお伝えしておきたかったんです。
これは大きな気付きでもあり、いまの苦しみでもあります。

②は達成金額を設定している以上、ノルマが発生します。

僕は営業マンをやったことがないので、営業経験が全くありません。
新卒からシステムエンジニアとして勤めたので、ノルマとはほとんど関わってこなかったんです。
しかし、ここにきてノルマ達成のための苦しみというのをつくづく味わっています。
009
どんな商品でもそうですが、
「営業に携わる方々はこんなにも重いものを背中に抱えているのか」
と驚嘆しています。

この重みを背負ったまま正気を保つのは至難の業です。
現代社会で生じているひずみはここにも原因があると感じています。

前に友達と会って、話してくれたことがあります。

友達のお母様は、とある営業に携わっていたそうです。

しかし、その営業で売り込む商材は、自分の意志とは反する商材。
つまり、心からおすすめ出来ない商材、好きとは言えない商材だったそうです。

となると、自分に嘘をついて商材を売り込むことになります。

真摯に、誠心誠意を尽くしてお客様に商材を提供することができない。
自分に嘘をつき続けて、商材を提供しなければならない。
ダウンロード (6)
ある日、お母様にとうとう限界が生じました。
帰宅して早々、友達の前、自分の子どもの前で泣き崩れたそうです。

精神的に相当なダメージを受け続けていたのでしょう。
ただ、お母様の反応は異常でもなんでもなく、人間としてとても自然なことだと思っています。
さらに言えば、とても人間らしい反応だとも言えます。

現代社会で、いかに人間らしさが搾取され、虐げられ、失われているか。
それを強く指し示していると感じています。
ダウンロード (7)
僕は自分のやりたいことでノルマを抱えているのでまだマシだと思ってはいますが、それでもやはり辛いです。
「ノルマというのは、人をここまで苦しめ、追い詰めるのか…」
この気付きも、自分への問いかけとして残しておきたい一つです。

気付けば、クラウドファンディングも残りあと20日間です。

これを
「もう20日間しかない!!」
と捉えるか、
「まだ20日間ある!!」
と捉えるか。

極力後者で、これからもずっと臨んでいく所存です。
そう簡単に諦めるわけにはいきませんから。

こうして宣言しておくことでもだいぶ心持ちが違うんです。

「言葉にしたことは現実化するよ」

友人で書道家である遠藤夕幻くんの言葉です。
13112754_1698715653735075_7569486796265003865_o
必ずや、現実化してみせます。
必ず。そう。必ず。

最後に、改めて関連リンクを貼っておきます。

皆さんただでさえお忙しい中大変恐縮なのですが、がんばれ!の一言だけでも構わないので、リンクと共にFacebook投稿をしてもらえるととても嬉しいです!
 
Facebook投稿のシェアやいいね!をしてもらえるだけでもとても助かります。
また、もしページを読んで共感してもらえたなら、支援してもらえたなら、とてもとても幸せです。

何卒よろしくお願いします。

《プロジェクトページはこちら》
『生きる』尊さを体感してもらい、自殺予防につなげたい!!
《プロジェクトページ原文はこちら》
クラウドファンディング原文(ママ転載)

《クレジットカード決済での支援方法はこちら》
《銀行振込での支援方法はこちら》
《クラウドファンディングに挑戦する理由はこちら》
クラウドファンディングに挑戦する理由

『生きる』尊さを体感する
任意団体SEA-CLEAR代表
小山祐介(コヤ)
【Mail】
infoseaclear@gmail.com
【Twitter】
団体アカウント
【Instagram】
団体アカウント
【Facebook】
団体ページ 個人ページ

フィロソフィーダイアログ~自分のために生きよう~第1回開催まで1カ月になりました。
そこで改めて告知しようとしたところ、驚きの事実に気付きました。
ただ、この1か月前に気付いたという事も、物事の流れなのでしょう。 

フィロソフィーダイアログ~自分のために生きよう~第1回開催まで1ヶ月になったので改めて告知させてもらいますね。

《イベントページはこちら》
第1回 6月25日(土)13:10~16:00
《テーマ:「自分は生きていていいんだ」という価値観について》
Facebook Canpan


開催場所は高田馬場にある10°CAFE(3階レンタルスペース)です!!
Eventpage
※アクセス・地図はこちら
〈10°CAFEの様子〉
S__1507401
[会場]10°CAFE3階(東京都豊島区高田3-12-8)
JR山手線 東京メトロ東西線 高田馬場駅 徒歩7分
https://www.facebook.com/judecafe/?fref=ts
[参加費]3,000円
※通常5,000円ですが、6ヶ月間だけ限定価格です!!
 
[定員]15名
[持ち物]筆記用具

なぜフィロソフィーダイアログを開催するに至ったのか、ポリシーとしてどんなことを設けているかは以下をご覧いただければと思います。

《フィロソフィーダイアログ開催理由はこちら》
フィロソフィーダイアログ~自分のために生きよう~が生まれた理由

150427-537x350
《フィロソフィーダイアログポリシー》
「フィロソフィーダイアログ~自分のために生きよう~」のポリシー&ルール

0158adfea51bab954733e67bc3d71177_ma
さてさて、昨日帰宅してから「明日改めて告知したいな」と思い、スマートフォンでFacebookを見ていたときのお話です。

Facebookにはnoteという機能があります。
20110218022257
長文の投稿を作る際に、カバー写真もつけられるし、画像も随所に入れられる、いわばFacebook内の簡易ブログのようなものですね。

フィロソフィーダイアログでは伝えたいことがたくさんあったので、このイベント告知文にnote機能を活用させてもらっていたんです。

想いや内容を詳細に伝えようとすると、どうしても告知文が長くなってしまいます。
そうすると一体何がしたくて、参加することで何をえられるのかが見えにくくなってしまうんですよね。
a1003c23baec00d12c4e73ca59380de5-768x432
それをいかに引き算して簡潔にお伝えするかが大切なのですが、簡潔にするのはちょっと厳しいなぁと思い、note機能を使って、URLを貼っておくようにしていました。

興味を持った方はリンク先をご覧いただいて、参加するかどうかを選んでいただく方式をとろうと思っていたんです。

事実、note機能を使うとイベント告知文も短くなりますし、興味を持った方には詳細を伝えられます。
なので「これはいい!」と思ってnote機能を活用していました。

そこから話は昨晩に戻るのですが…。

イベント告知を改めてしたくて、スマートフォンでイベントページを確認していたときのことです。
af9940075349l
イベントページからnoteをクリックするとどんな感じで展開されるのかなぁと思い、URLをタッチしました。

…………んっ?
………あれっ?

ところが何回タッチしても、うんともすんともいいません。
画面が移る気配が一向に感じられません。

タッチ、タッチ、タッチ、さらにタッチ。
20101004165145_0
………うーん。
全然移らないなぁ。

そのとき、友達の言葉をハッと思い出しました。

「Facebookさぁ、イベント告知文にリンク貼っても飛ばなくなっちゃんたんだよねぇ」

……あああああああっ!!!!
……そういえば言ってた!!
o0570032011054548061
基本的にイベントページ作成など細かい作業をする場合、僕はパソコンから操作しています。
パソコンのWebブラウザ上だとリンクもちゃんと機能していて、noteに飛ぶことができるんです。

しかし、スマートフォンでそれを確認することをすっかり忘れていました。
どうやらスマートフォンで閲覧した場合、リンクは無効になってしまうようなんです。

おおおおおおぅっ!!
何たる不覚!!

昨日夜中に一人で悶絶してました。
ダウンロード (2)
ただ、この1ヶ月間で色々ブラッシュアップしていたこともあって、自分が一体何を伝えたいのかが明確になってきたんです。
もうやん文京で講師をやらせてもらったこともあり、課題点や皆さんにお伝えしたい事も再確認できました。
もうやん文京の活動報告も後日させてもらいますね。

というわけで、フィロソフィーダイアログのイベント告知文はかなり簡潔になっています。

開催日程の予定や履歴はディスカッションで投稿できればよいかなぁと思っています。
詳細もその都度ディスカッションで投稿できればと考えているので、より深く知りたい方はそちらをご覧いただければと思います。

再度お伝えしますが、フィロソフィーダイアログ『生きる』尊さを様々な観点から見つめ、体感してもらうワークショップです。
DSCF1812
『生きる』尊さと書いていますが、身構える必要は一切ありません。
気軽に、気楽に、気負わずにご参加いただければ嬉しいです。

ヨガの瞑想やアイスブレイクも取り入れていますよ。
〈アイスブレイクい一例「前後左右」〉

第1回は6月25日(土)13:10~16:00です!!

最後にリンクをもう一度貼っておきますね。

《イベントページはこちら》
第1回 6月25日(土)13:10~16:00
《テーマ:「自分は生きていていいんだ」という価値観について》
Facebook Canpan

《フィロソフィーダイアログ開催理由はこちら》
フィロソフィーダイアログ~自分のために生きよう~が生まれた理由


《フィロソフィーダイアログポリシー》
「フィロソフィーダイアログ~自分のために生きよう~」のポリシー&ルール


皆さんのご参加をお待ちしています!!

『生きる』尊さを体感する
任意団体SEA-CLEAR代表
小山祐介(コヤ)
【Mail】
infoseaclear@gmail.com
【Twitter】
団体アカウント
【Instagram】
団体アカウント
【Facebook】
団体ページ 個人ページ

このページのトップヘ